翻訳会社・通訳会社ブレインウッズの人事・教育制度について。

人事・教育制度

当社の人事教育制度について

当社は社員と会社のマッチングを重視しています。会社の方針や組織風土に合えば、仕事も楽しくなり、自然と高いパフォーマンスを発揮できるようになると考えているからです。

人事教育制度の基本方針

仕事を通して段階的・継続的に人材の育成を行い、個人の希望と会社の計画の両方を満たすことを目標として運用しています。

1. 人材育成制度

新入社員導入研修

入社後 集合研修(基礎研修、部門別基礎研修)
入社後3ヶ月間 実務研修(OJT)

OJTでは配属先の先輩とチームを組み、基礎研修で学んだことを活かしながら、実際の業務にあたります。先輩のサポートを受けながら、徐々に1人で業務をこなせるようになっていきます。

個人別スキル評価と個別面談
  1. 毎月:1年間の成長目標を定めた「育成ロードマップ」に基づき、進捗状況の確認を行います。
  2. 3ヶ月ごと:スキル面談にて、四半期の振り返りと次の四半期に向けたアドバイスや目標設定を行います。
行動計測 スキル面談で定めた目標を達成するために、日々の具体的な行動計画に落とし込みます。行動の達成度を毎週上司と共に確認し、課題の解決やより良い成果につなげます。
個別重点育成研修 個人別スキル評価と個別面談で取り上げられた取り組みテーマについて、個別研修を行います。
長期育成ローテーション 本人の将来の希望を考慮しつつ、部門間の異動を計画的に実施し、長期的な成長を実現します。

2. 評価制度

3ヶ月ごとのスキル面談で、職能別スキルシートに基づいた業務評価を行います。

3. ジュニアリーダー制度

入社後1年間、部門の先輩がジュニアリーダーとして新人スタッフをサポートします。仕事の悩みや、生活面での相談事など、新人スタッフが1人で問題を抱え込まないよう、話を聞いたりアドバイスをします。

4. 相談室制度

産業カウンセラーによる「なんでも相談室」を開設しています。

5. 休暇と社内イベント

休暇

有給休暇、慶弔休暇、バースデイ休暇、フレックスバケーション、生理休暇

社内イベント等

事業計画説明会、社員旅行、歓送迎会、新年賀詞交歓会、四半期・半期打ち上げパーティー、忘年会、福利厚生プログラム各種

OJT

ジョブローテーション

2~3年を目安に、部署間異動(ローテーション)を実施しています。これは若いうちに複数部署を経験し、各事業部の業務経験を通じて様々な状況への対応力を養うことを目的としています。それと共に、自身のキャリア設計を明確にすることも狙いとしています。

スキルシート/個人面談

3ヶ月に一度、スキルシートの記入を通して、業務への取り組みの振り返りと、今後の課題設定を明確に行い、業務に必要なスキルの向上を目指します。

行動計測レビュー

個人面談を通して、伸ばしていきたいスキルを、実際の行動と数値目標に落とし込み、日次、週次、月次のスパンで実行・評価していきます。

OFF-JT

新人導入研修、新人フォロー研修

新人導入研修を通じて、社会人・ビジネスパーソンとして基本的なマナーや心構え、働くうえでの大切な考え方を習得していきます。また、各事業部の業務・職種に必須のスキルを学んでいきます。人事担当、部門責任者、先輩社員全員で研修と育成を担当します新人フォロー研修では、新人導入研修で学んだことの応用編として、業務効率やスピードのアップを目標に、研修を進めていきます。

2年次研修

業務スキルの基本を復習し、更にプロフェッショナルとして働くための考え方や、目標設定・達成、後輩指導、コミュニケーション、問題解決、時間管理の基礎を習得していきます。

サブリーダー、リーダー研修

サブリーダー・リーダー業務、事業計画と目標設定、マーケティング、グループ管理、リーダーシップ、部下指導、事業戦略、業務改善等についての研修を行います。

新任管理者研修

基本的なマネジメントの知識(人事評価、労務管理、売上・生産性管理、コンプライアンス、コーチングなど)を学び、管理職に求められることや、部下とのかかわり方を体系的に理解する研修です。

次世代経営者育成プログラム

中長期経営計画に基づき、マネジメント全般や経営戦略、アカウンティングをはじめとした会社経営の知識と、経営者としての心構えや判断基準を習得する、プログラムです。

社外セミナー受講制度

翻訳や、DTP、映像編集アプリに関する講座や、情報セキュリティに関する講座など、必要に応じて、参加することが可能です。

関連コンテンツ